4/8フレッシュコンサート@日本橋三越本店

三越カルチャーサロンではじまる「クラシックを聴こう!講座」とフレッシュコンサート。3月29日(木)19:00~20:30の第一回に続いて、
4月8日(日)15:30~17:00
に第二回を開催します。

※チケット購入について
日本橋三越本店新館9Fカルチャーサロン店頭、および電話で受け付けています。
申込電話:03-3274-8595(10:30~19:00)

クラシックを聴こう!講座については、こちらをご覧ください。

20180408コンサート

演奏プログラム(予定)

モーツァルト:フルート協奏曲 ト長調
ビゼー:オペラ『カルメン』より間奏曲
武満徹:Voice ほか

 

※出演者および曲目は、予告なく変更となる場合もございます。

出演者紹介

田村桃子田村桃子(フルート)
3歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。 第62回全日本学生音楽コンクールフルート部門中学生の部 東京大会第三位。第64回同コンクール高校の部 東京大会第三位。 第16回びわ湖国際フルートコンクールアドヴァンス部門第1位。 これまでに大村友樹、山田恵美子、三上明子、大平記子、萩原貴子、竹澤栄祐、高木綾子の各師に師事。Mathieu Dufourをはじめとする各国のフルーティストのマスタークラスを受講。 フルートデュオやカルテット、弦楽器とのアンサンブルなど様々な編成でコンサートを行なう。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学音楽学部器楽科を卒業。同大学大学院修士課程に在学中。


AKIマツモト

AKI マツモト(ピアノ)
島村楽器にてピアノを始め、東京藝術大学音楽学部附属音楽高校を経て、東京藝術大学器楽科卒業。
これまでにピアノを水戸亜弥子、八木聖子、勝郁子、渡邊健二、ソルフェージュを大熊崇子、室内楽を江口玲の各氏に師事。
在学中に、ジャズサクソフォン奏者であり東京藝術大学客員教授であるMALTA氏が代表を務める株式会社マルタジャパンと契約。
ATLAMレーベルよりPasso a Passo & AKI マツモト1stアルバム「Ġ did fuzjoninja」リリース。
TV朝日「題名のない音楽会」に出演。
大学卒業後、ポップス・フュージョンに新たな方向性を求め、演奏活動の傍ら、楽曲制作を行う。

 


3/8朝はソプラノの歌唱をお楽しみください

3月8日(木曜日/10:30~@杉並公会堂小ホール/開場10:10)の「ミュージックブランチ」第6回(2017-2018の最終回)は、ソプラノ歌手の紙谷弘子さんとピアノの本多昌子さんの演奏です。バッハ、シューベルトに日本の名曲をお楽しみください。

20180308

【プログラム】
バッハ:あなたが側にいるなら/シュベルト:至福 鱒/ベルク:4つの歌作品2/山田耕筰:唄 鐘が鳴ります 母のこゑ かやの木山の/橋本国彦:舞 ほか

料金:1,000円(1回券)
※当日券ございます。直接杉並公会堂小ホールにお越しください(B2F)。
杉並公会堂
杉並区上荻1-23-15

3/22 三越クラシック講座予告

3月22日(木)19:00~20:30の三越クラシック講座は、岩岡一志先生による「オペラ、初歩の初歩」です。

敷居が高いと思われがちなクラシック音楽の中でも特に敷居が高いと思われているオペラ。2人のゲストと共に、実演と交えながらそのオペラの敷居を取り払います。

講座のコンセプト


ゲスト

岡田愛(ソプラノ)朝倉 麻里亜(メゾソプラノ)

岡田愛(ソプラノ)/朝倉麻里亜(メゾソプラノ)
お二人のプロフィールはこちらをご覧ください。
なお、ゲスト出演者は予告なく変更となることもあります。


岩岡一志ナビゲーター(講師)
岩岡一志先生

 

3/8 三越クラシック講座予告

3月8日(木)16:00~17:30の三越クラシック講座は、中島よしふみ先生による「モーツァルトの本気と冗談(1)」です。

モーツァルトにとってまず音楽は遊び。音楽の冗談、冗談の音楽、音楽で冗談、冗談みたいな音楽などなど。すべてをやり尽くし、疾風の如く世を去った神童の心には、いつも父の存在があった。二人のゲストに楽しく親子を演じていただきます。

講座のコンセプト


永井寛孝
ゲスト
永井寛孝 演出/ベートヴェン
俳優・脚本・演出家・現在渋谷区恵比寿のテアトル・エコー文芸演出部所属。舞台、テレビなど各種の活動を展開。マルセ太郎の喜劇上演ユニットや、田中真弓(女優・声優)他と共に歌芝居集団『おっ,ぺれった』を創設し活動。ミュージカル「アマデウスがやってきた」(作:中島良史)では各地の公演を演出、主演。常にユーモア溢れる戯曲と洒脱な演技は定評がある。


岩本晃子
ゲスト
岩本晃子 モーツァルト/ピアノ
お茶の水女子大学文教育学部芸術・表現行動学科音楽表現コース(ピアノ専攻)を卒業。在学中より東京工業大学、早稲田大学、学習院大学等、様々な大学合唱団の伴奏者として活躍。通奏低音を岡田龍之介氏、廣澤麻美氏に師事。また、ハンガリーの楽器ツィンバロンのピアノ。伴奏でCDリリース。

 

 

※ゲスト出演者は予告なく変更となることもあります。


中島よしふみ

ナビゲーター(講師)
中島よしふみ先生

 

 

 


3/29フレッシュコンサート@日本橋三越本店

3月から三越カルチャーサロンではじまる「クラシックを聴こう!講座」は、月に3回の教室です。そのうち、1回は演奏家との距離感が近い、親しめるコンサートを予定しています。記念すべき第一回は3月29日(木)19:00~20:30の開催。ソプラノの岡田愛さん、メゾソプラノの朝倉麻里亜さんの歌唱を、山中麻鈴さんのピアノ伴奏でお楽しみください。

※チケット購入について
現在、日本橋三越本店新館9Fカルチャーサロン店頭、および電話で受け付けています。
申込電話:03-3274-8595(10:30~19:00)
ウェブ申込は3月2日10:30からとなります。

クラシックを聴こう!講座については、こちらをご覧ください。

20180329コンサート

演奏プログラム(予定)

――第一部――
◎日本の名曲より
朧月夜/早春譜/花の街

◎外国の名曲より
ホフマンの舟歌/オッフェンバック(オペラ『ホフマン物語』より)
オンブラマイフ/ヘンデル
アヴェマリア/ヴァヴィロフ(カッチーニ)
夕べの祈り/フンパーディンク(オペラ『ヘンゼルとグレーテル』より)

(休憩)

――第二部――
◎オペラ『フィガロの結婚』/モーツァルトより
第一幕
・序曲抜粋
第二幕
・6.Non so piu 自分で自分が分からない《ケルビーノ》
・12.Venite inginocchatevi (女装)《スザンナ》
・11.Voi che 恋とはどんなものかしら《ケルビーノ》
・14.Aprite, presto aprite! 開けて、急いで!《スザンナ・ケルビーノ》
第四幕
・28.Giunse al fin il momento とうとう嬉しいときが来た《スザンナ》

※出演者および曲目は、予告なく変更となる場合もございます。

 

出演者紹介

岡田愛(ソプラノ)
岡田 愛(おかだ あい)/ソプラノ
長野県出身。信州大学教育学部音楽科、東京藝術大学音楽学部声楽専攻を卒業。イェルク・デームス氏によるマスタークラス修了。
ミラベル宮殿シュロスコンサートにてデームス氏と共演。2015年にはミラベル宮殿音楽監督のストラディバリウス奏者、ルッツ・レスコヴィッツ氏と共演。BS-TBS『日本名曲アルバム』Ensemble OASISメンバー。
これまでに吉江忠男、平松英子、池田京子、イェルク・デームス、エリー・アメリングの各氏に師事。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻1年。


朝倉麻里亜(メゾソプラノ)
朝倉 麻里亜(あさくら まりあ)/メゾソプラノ
東京都出身。都立芸術高等学校卒業。東京音楽大学ピアノ専攻卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
卒業時、同声会賞受賞。第22回日本クラシック音楽コンクール 声楽部門一般女子の部 第5位入賞。第29回市川市文化振興財団 新人演奏家コンクール 優秀賞受賞。BS-TBS『日本名曲アルバム』Ensemble OASIS、ドリームシンガーズメンバー。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻1年。

 


山中麻鈴(ピアノ)
山中 麻鈴(やまなか まりん)/ピアノ
兵庫県神戸市出身。
幼少の頃よりヤマハ音楽教室で学ぶ。2011年、自作曲を大友直人指揮、東京交響楽団と共演。
これまでに作曲を長谷川京子、平井正志、神本真理、藤原嘉文、澤内崇、林達也の各氏に、ピアノを永島香、佐野まり子、伊藤わか奈の各氏に師事。
兵庫県立西宮高校音楽科、東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業。現在同大学大学院修士課程1年。伴奏ピアニストだけでなくオペラや新曲初演にも携わっている。

 


 

1/22は世界で活躍するトランペットの音色をお楽しみください

1月22日(月曜日/10:30~@杉並公会堂小ホール/開場10:10)の「ミュージックブランチ」第5回は、日本フィルハーモニーのオッタビアーノ・クリストーフォリさん(トランペット)と高橋ドレミさん(ピアノ)の演奏です。世界中のオーケストラでソリストとしてご活躍のクリストーフォリ氏のトランペットの音色を1,000円でお楽しみいただけます。

【プログラム】
※チラシ掲載曲目が変更になりました

ヴェルディの椿姫による幻想曲
ヴェニスの謝肉祭による変奏曲
さくらさくら
この道
浜千鳥
ほか

料金:1,000円(1回券)
※当日券ございます。直接杉並公会堂小ホールにお越しください(B2F)。
杉並公会堂
杉並区上荻1-23-15

三越カルチャーサロンにてクラシック入門講座を開催

======================================
クラシックを聴こう!グループ
三越カルチャーサロンにてクラシック入門講座を開催
======================================

クラシック音楽愛好家が集まる「クラシックを聴こう!」グループ*(Facebookグループのひとつ。主宰:古瀬幸広。会員数約13,000人)は2018年3月より、三越カルチャーサロンにてクラシック入門講座を開催することとなりました。

講座開設の背景

近年、日本人演奏家のレベルアップはめざましく、クラシック音楽業界はまさに実りの時期を迎えています。ヴァイオリンやピアノ分野の国際コンクールを制する日本人は珍しくありませんし、オペラ分野でも、1997年に日本初のオペラハウスとして新国立劇場がオープンして以来、確実に成果が出ています。在京オーケストラはもちろん、全国各地のオーケストラも、「レベルが高い」と評判です。

一方で、コンサート会場では聴衆の高齢化が目立つことも事実です。マンガ『のだめカンタービレ』や『ピアノの森』、あるいは映画『スウィングガールズ』のヒットが示すように、クラシック音楽は若い世代をも惹きつける魅力をもっています。その興味を持続してもらうには、「敷居が高い」という印象を払拭する、初心者向けの講座がきっと有用でしょう。しかもその講座は、「行きやすい場所」にあることが理想です。

コンサートホールを未体験の方でも、三越日本橋本店ならば気軽に足を運べます。多くのクラシック音楽初心者の方々が楽しみながらクラシックに親しみ、興味をもっていただける講座とミニコンサートを企画してまいります。

まずは二つの講座からスタート

2018年3月に、次の二つの講座を開催します(それぞれ月1回の開催)。

  • 中島よしふみの「クラシックよもやま話」
  • 岩岡一志の「クラシック超入門」

さらに若手演奏家を主体とする「クラシックを聴こう! フレッシュコンサート」をサロンで開催し、実演に接する機会を多くつくる予定です。

* 契約主体は一般社団法人クラシックを聴こう協会となります。
(本件についてのお問い合わせ先)
一般社団法人クラシックを聴こう協会
staff (at) classical-fan.club

ニュースリリースPDF版

 

11/16ミュージックブランチ演奏曲目

11月16日(木曜日/10:30~@杉並公会堂小ホール/開場10:10)の「ミュージックブランチ」第4回は、日本フィル気鋭のコントラバス奏者・鈴村優介さんの演奏を、山崎早登美さんのピアノでお届けいたします。

鈴村優介・山崎早登美

演奏曲目

愛の挨拶/エルガー
コル・ニドライ/ブルッフ
象/サン・サーンス
小さなワルツ/クーセヴィツキー
コントラバス協奏曲Op.3/クーセヴィツキー

まだお席はございます(当日券あり)。


第5回以降のお申込みはこちらから。
ミュージックブランチ申込フォーム

協会とグループの関係について

「一般社団法人クラシックを聴こう協会」は、Facebookグループの「クラシックを聴こう!」から生まれるさまざまなプロジェクトを、円滑に推進するために生まれた協会です。法人格があれば、銀行口座もつくれますし、音楽ホールの予約などもスムーズにできます。

しかし、協会が「クラシックを聴こう!」というグループを運営しているわけではありません。Facebook上でグループに加入した諸個人は、協会とはなんの関係もなく、社員になるわけではありませんので、この点、改めて補足しておきます。

協会の定款は以下にあります(PDF)。これの弟6条に定義しています。
https://www.classical-fan.club/documents/charter_of_classical-fan.club.pdf

臨時理事会を開催

10月12日19時より、理事・監事を招集し、臨時理事会を開催しました。
懸案事項について、その対処方針を定めたほか、2018年のBach in the Subwaysの開催についての事前協議を行いました。
2018年の協会主催のBach in the Subwaysは、二カ所で実施の予定です。

Bach in the Subwaysについては、こちらをご覧ください。
http://bach.classical-fan.club/bach-in-the-subways/