3/8 三越クラシック講座予告

3月8日(木)16:00~17:30の三越クラシック講座は、中島よしふみ先生による「モーツァルトの本気と冗談(1)」です。

モーツァルトにとってまず音楽は遊び。音楽の冗談、冗談の音楽、音楽で冗談、冗談みたいな音楽などなど。すべてをやり尽くし、疾風の如く世を去った神童の心には、いつも父の存在があった。二人のゲストに楽しく親子を演じていただきます。

講座のコンセプト


永井寛孝
ゲスト
永井寛孝 演出/ベートヴェン
俳優・脚本・演出家・現在渋谷区恵比寿のテアトル・エコー文芸演出部所属。舞台、テレビなど各種の活動を展開。マルセ太郎の喜劇上演ユニットや、田中真弓(女優・声優)他と共に歌芝居集団『おっ,ぺれった』を創設し活動。ミュージカル「アマデウスがやってきた」(作:中島良史)では各地の公演を演出、主演。常にユーモア溢れる戯曲と洒脱な演技は定評がある。


岩本晃子
ゲスト
岩本晃子 モーツァルト/ピアノ
お茶の水女子大学文教育学部芸術・表現行動学科音楽表現コース(ピアノ専攻)を卒業。在学中より東京工業大学、早稲田大学、学習院大学等、様々な大学合唱団の伴奏者として活躍。通奏低音を岡田龍之介氏、廣澤麻美氏に師事。また、ハンガリーの楽器ツィンバロンのピアノ。伴奏でCDリリース。

 

 

※ゲスト出演者は予告なく変更となることもあります。


中島よしふみ

ナビゲーター(講師)
中島よしふみ先生